Token big@2x
Join Us On Slack White Paper
Bigb spacer
Video cta Video cta hover
Bigb base@2x
Bigb fillers@2x
Stairs1
Stairs2
Stairs3
Stairs4
Building1
Building2a
Building2b
Building3
Building4
Building5a
Building5b
Building6
Building5a
Building5a
Building6
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Cc blue
Bigleaf
Bigleaf
Bigplant1
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Cc yellow
Bigleaf
Cc yellow
Cc yellow
Bigplant2
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Cc pink
Bigleaf
Bigleaf
Bigplant1
Bigleaf
Bigleaf
Bigplant3
Cc yellow
Cc yellow
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Cc blue
Bigleaf
Bigleaf
Bigplant4
Cc blue
Cc blue
Bigleaf
Bigleaf
Bigplant3
Cc yellow
Cc yellow
Hill1
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Bigplant6
Cc pink
Bigleaf
Bigleaf
Cc blue
Bigleaf
Bigleaf
Bigplant5
Bigleaf
Bigleaf
Bigplant7
Hill2
Hill4
Hill3
Corner block

包含的な信用評価 システムへようこそ

分散型クレジットスコアリング(信用評価システム)
イーサリアム/IPFS装備

Sign up for the dApp ⟶
Whatis plant1@2x

ブルームとは?

ブルームは、個人情報の立証、リスクアセスメント、クレジットスコアリング(企業・個人の信用評価システム)を完全にブロックチェーンで行うエンドツーエンド・プロトコルです。ブルームによって、現時点で銀行口座やクレジットスコアを得ることができない数十億もの人々に、従来の実通貨とデジタル通貨の貸し手がサービスを提供することが可能になります。

L

現状

ブルームは、以下の現存のクレジット(信用)
システムの5つの問題点を解決します。:

ISSUE #

01
Quo icon1@2x
Quo icon1 screen@2x

個人情報盗難のリスク

借り手は、ローン申請時に個人情報のすべてを提示する必要があります。攻撃者は、この同じ情報を悪用して新たな信用限度額の申請等ができてしまいます。

Smallplant5

ISSUE #

02
Quo icon2@2x

国境間の信用評価システム

クレジット履歴は、国境を越えて移行することができないので、移住した際には信用実績をゼロから再構築しなくてはなりません。

Smallplant5

ISSUE #

03
Quo icon3@2x
Quo icon3 pen@2x

信用力評価

ほとんどの信用評価システムは、過去の債務返済情報にほぼ完全に依存しているため、クレジットの履歴のない利用者への資金融通の対応は容易ではありません。

Smallplant5

ISSUE #

04
Quo icon4@2x
Quo icon4 card1@2x
Quo icon4 card2@2x
Quo icon4 card3@2x

限られた拡張性

金融および規制基盤があまり発展していない市場では、貸し手は個人情報や信用評価データの入手が限られているので、借り手は融資を受けるのに大変苦労しています。

Smallplant5

ISSUE #

05
Quo icon5@2x
Quo icon5 dial@2x
Quo icon5 dial@2x
Quo icon5 dial@2x
Quo icon5 dial@2x

信用評価システム競争性の欠如

信用データは集中管理されています。ほとんどの市場では、単一の機関が信用評価をするため、信用リスク評価における競争力が欠如したエコシステムとなっています。

Smallplant5
Protocol big top@2x

ブルームプロトコル

ブルームプロトコルは、貸し手が、ローンを希望する借り手にクレジットを安全かつ確実に発行できるソリューションを提供します。

ブルームプロトコルが備える3つの主要コンポーネントは次のとおりです。

Thumbprint bg
Thumbprint part1
Thumbprint part2
Thumbprint part3
Thumbprint part4
Thumbprint part5
Thumbprint part6

ブルームID

Protocol icon2@2x
Protocol icon2 plant@2x

ブルームIQ

Protocol icon3@2x

ブルームスコア

Protocol big bot@2x
Protocol id front2@2x
Protocol thumb label@2x
Protocol thumbprint circle
Protocol thumbprint circle

ブルームID

ブルームID によって、ユーザーは、独立した第三者が個人情報や法的地位を公に保証し、グローバルに使用できるアイデンティティを確立することができます。

ブルームIQ

Protocol circle iq@2x
Protocol iq check@2x
Protocol iq check@2x
Protocol iq check@2x
Protocol iq paper@2x
Protocol iq paper@2x
Protocol iq paper@2x
Protocol iq bulb@2x
Protocol iq print@2x

ブルームIQ

ブルームIQ は、ユーザーのブルームIDにリンクされている現在・過去の債務情報の記録やトラッキングができるシステムです。

ブルームスコア

Protocol circle score@2x
Protocol score sheet@2x
Protocol score sheet@2x
Protocol score sheet@2x

ブルームスコア

ブルームスコア は、信用履歴にある支払期日に準じて個人の債務返済の見込みを算出した、動的かつ包括的な指標です。

O
O
Blt base@2x
Token big@2x
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Cc pink
Bigleaf
Bigleaf
Blt circle stem1@2x
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Cc pink
Cc blue
Bigleaf
Bigleaf
Blt circle stem5@2x
Bigleaf
Bigleaf
Blt circle stem3@2x
Bigleaf
Bigleaf
Blt circle stem6@2x
Cc yellow
Cc yellow
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Blt circle stem4@2x
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Blt circle stem2@2x
Cc yellow
Bigleaf
Bigleaf
Smallplant9

ブルームトークン(BLT)

ブルームトークンを使用すると、組織はユーザーの個人情報や信用力評価に参加することができます。また、ブルームプロトコルの変更に影響を及ぼす投票トークンとしても機能します。

Blt planttop@2x

プロトコル変更の投票

BLTはブルームスコアの各フェーズとアルゴリズムに対する変更を可能にする投票メカニズムとして機能します。

Blt icon1@2x
Token big@2x
Blt vine basel@2x Blt vine baser@2x
Blt vine center1@2x
Blt icon2 lines@2x
Blt icon2 check@2x
Blt icon2 flower1@2x
Blt icon2 flower2@2x
Blt icon2 parts@2x

審査・立証人

返済履歴の提供者と貸し手は、双方に信頼がおけるという裏付け、ビジネスの内容、双方のデータをブルームスコアに算入する理由についての提案書をエコシステムに提出する必要があります。

Blt vine basel@2x Blt vine baser@2x
Blt vine center2@2x

ネットワーク通貨

ブルームネットワークの個人情報立証人やリスク査定者は、BLTで価格を設定し、サービスに対する支払いをBLTで受け取ることができます。

これらの組織は、申請手数料として BLT を支払い、適格性に投票するユーザーは、その手数料の一部を受け取ります。

Blt icon3@2x
Token big@2x
Blt vine basel@2x Blt vine baser@2x
Blt vine center3@2x
Blt icon4 back@2x
Blt plantbot@2x
Token big@2x
Blt icon4 front@2x

ブルーム招待システム

ネットワークが初期段階で多数の認証者が存在しない間は、攻撃にさらされやすい状態です。ネットワークの即時回復力を高めるために、既存ユーザーは招待するユーザーのために少量のBLTを担保として備える必要があります。

この担保により、有害なアカウントが存在する大規模なネットワークに対する保護機能を果たします

THE FIRST BLOOM PROJECT

Bloomcard product@2x
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Card stem1@2x
Bigleaf
Card stem2@2x
Bigleaf
Bigleaf
Bigleaf
Card stem1@2x
Bigleaf
Bigleaf
Card stem3@2x
Bigleaf
Card stem2@2x
Bigleaf
Bigleaf
Card stem3@2x
Bigleaf
Bigleaf
Card stem3@2x
Bigleaf
Bigleaf
Card stem3@2x
Bigleaf
Bigleaf
Card stem3@2x

THE FIRST BLOOM PROJECT

ブルームカード

ブルームカードはブルームのプロトコルに従って開始された、ブルームの信用基盤に基づく最初のプロジェクトの1つです。

ブルームカードで責任感のある使い方をすることにより、ユーザーのブルームスコアが向上します。

M
Roadmap planttop@2x

ロードマップ&タイムライン

ブルームプロトコルは5つの主要な段階を経て展開されます。

phase

01
Roadmap phase1 back@2x
Roadmap phase1 packet@2x
Roadmap phase1 seed@2x
Roadmap phase1 seed@2x
Roadmap phase1 seed@2x
Roadmap phase1 seed@2x
Roadmap phase1 seed@2x
Roadmap phase1 front@2x

ブルーム招待システムと投票

フェーズ1では、ユーザーが BLT を使用して友人や同僚を招待し、確実に初期ネットワークのスタートができるようにします。BLT を所有するユーザーは、ネットワークの将来のための早期開発関連の提案に対して投票することができます。

Smallplant5

phase

02
Roadmap phase2 back@2x
Thumbprint@2x
Thumbprint label@2x
Thumbprint@2x
Roadmap phase2 front@2x

ブルーム個人情報マッチング

フェーズ2では、申請を進展させ、ユーザーが各自の身元を確認し、ブルームID と一致するようにします。この段階では、ユーザーは個人情報を確認し、ブルームIQのデータをリンクすることができます。

Bloom ID

Smallplant5

phase

03
Roadmap phase3 stake@2x
Roadmap phase3 icon@2x

クレジット・ステーキング

フェーズ3では、P2Pステーキング・モジュール構築され、続いて組織ステーキングが構築されます。

Pre-cursor for BloomScore

Smallplant5

phase

04
Roadmap phase4 icon@2x

信用力評価

フェーズ4では、ユーザーがスコアを確認したり、開発者エコシステムが拡がって貸し手が特定のユーザーのブルームコアを確認したりすることができ、融資利用者から十分な権限が付与されるようになります。

BloomScore

Smallplant5

phase

05
Roadmap phase5 glow@2x
Roadmap phase5 icon@2x

ブルームクレジット・プロトコル + スタート&ブルームカード

リスクアセスメントとスコアリング・プロトコルが完了すると、ブルームカードが開始されます。ブルームカードは、個人が信用力を示し、ブルームスコアを向上するための、まさに新しい方法として機能します。

Smallplant5

phase

06
Roadmap phase6 icon@2x
Token big@2x
Smallplant5

Democratized Autonomous Credit Infrastructure

Over time BLT flows through the network. Lenders, data attestation providers, and borrowers will all own Bloom Network Token and their amount acquired will correlate to their influence on the network.

Smallplant5
Roadmap plantbot@2x

Team & Advisors

Jesse Leimgruber

Jesse Leimgruber

スタンフォード大学でコンピューターサイエンスを学ぶ。The Alchemist Acceleratorに対するアドバイザー、Thiel Fellowship 受賞者、そしてEuropean Innovation Academyのメンター。スタンフォード大学、南カリフォルニア大学、DePaul大学などのゲスト講師を務める。ブルーム所属前、エンタープライズ分析ソフトウェアNeoReachを構築する。NeoReach は、マイクロソフト、シトリックス、ウォルマートなどのフォーチュン500ブランドの分析を提供する。

Ryan Faber

Ryan Faber

ユーザーを獲得するためのオンラインの心理学的属性データを活用するために設計された行動認識手法を開発。研究を活かし、Flatiron Collectiveを立ち上げる。Flatironは現在、デジタルマーケティング支出で毎年1億ドル以上を管理する。ユーザー獲得の開発により、ウェビー賞(Webby Award )を3回受賞し、彼の方法論によって、数十億ドルブランドの急激な成長に至っている。

Daniel Maren

Daniel Maren

スタンフォード大学でコンピューターサイエンスを学ぶ。2014年にサンパワー社によって買収された太陽光発電会社Dragonfly Systemsを設立。現在はサンパワーのアドバイザーとして、太陽エネルギー製品の取り組みや国際ビジネス開発を指導する。国際インフラ開発、金融、エネルギー分野の専門知識を有し、Forbes 30 under 30 を受賞。以前は、種子や設備の資金調達に苦労しているインドネシア農民向けのバイオ燃料プログラムを設計した。

Alain Meier

Alain Meier

スタンフォード大学でコンピュータサイエンスを学び、スタンフォード・ビットコイン・グループでリサーチ・サイエンティストを務める。21.coのCEO、バラジ・S・シュリニバサーンによって設立されたスタンフォード・ビットコイン・グループは、スタンフォード大学のブロックチェーン研究機関。ユーザーが数秒で暗号化された単一ビュー・メッセージを送信できるオープンソースサービス CryptoNote.meなど、数多くのオープンソース暗号技術プロジェクトを開発した。スタンフォードでの仕事に続き、コンプライアンスと個人情報検証会社Cognito(旧BlockScore)のCEOを務める。

John Backus

John Backus

スタンフォード・ビットコイン・グループ創設者兼リサーチ・サイエンティスト。スタンフォード大学でコンピュータサイエンスを学ぶ。Thiel Fellowship受賞者であり、個人情報検証会社のCognitoのCTOでもある。個人情報プラットフォームの専門として、以前は、決定論的かつ確率論的データのリンクに対する大規模なエンティティ抽出のためのデータ前処理アルゴリズムを設計した。これは現在、Cognitoの主要な個人情報分析やデータ連鎖プラットフォームに実装されており、世界中で数千万の仮想通貨ユーザー向けに、個人情報やコンプライアンスなど14の処理を行っている。

Shannon Wu

Shannon Wu

Mr. Progress

変革技術の取り組みにおいて急速に成長しているシリコンバレー企業向け先端的マーケティング会社のMr.ProgressのCEO。Visa、Coach、Jawbone、Branchなどで職歴を経る。Sourcerers.ioの共同設立者であり、優勢なイーサリアム・プロジェクトやブロックチェーン・イニシアチブを支援する。革新的モデルに情熱を抱き、長年にわたり、初期段階の企業に投資、助言、提携している。母校であり原動力でもあるスタンフォード大学で、マーケティングや企業設立について頻繁に講義している。以前は、若いイノベーターに投資する初期段階ファンドFOUNDER.orgでマーケティングを率いた。

Joey Krug (Advisor)

Joey Krug

Augur

世界初の分散型予測市場およびオラクルシステムAugurの共同設立者。長年にわたり、イーサリアム・コミュニティのパイオニアとして、イーサリアムで構築された最初のトークン・プロジェクトを立ち上げた。さらに最近では、トークンセールに投資する1億ドルICOファンドPantera Capitalの最高投資責任者(CIO)として、仮想通貨コミュニティーを推進。

Luis Cuende (Advisor)

Luis Cuende

Aragon

Dapp(分散型アプリケーション)がブロックチェーンを使用して組織全体を運営することを可能にするイーサリアムをベースとしたプロジェクトAragonのプロジェクトリーダーおよび共同創設者。2011年に欧州での最優秀未成年プログラマーとして認められ、Forbes 30 Under 30とMIT TR35を受賞、欧州委員会(EC)のバイスプレジデントへのアドバイザーを務めた。また、ブロックチェーンのスタートアップStamperyを共同設立した。数社のスタートアップを設立する前に、faceloginで世界初のLinuxディストリビューションを作成した。

Geoffrey Arone (Advisor)

Geoffrey Arone

Partner, Arrington XRP Capital

Experian Consumerのチーフ・サイエンティスト、Experian Globalのプロダクト・イノベーションのSVPを務めた。Experianは、TransUnionとEquifaxとならび、米国信用調査機関トップ3社の1つである。同社は、10億人以上の人々の情報を収集・集計、17,000人の従業員を雇用、2016年には46億ドルの収益を上げた。Experianでのチーフ・サイエンティストおよびSVPとしての活動のほか、Experianのマーケティング戦略・イノベーション部門のVPも務めた。また、消費者科学と識見、流通戦略と市場拡大戦略を開発。

Meg Nakumura (Advisor)

Meg Nakumura

CEO of Shift Payments

Shiftは、VISAデビットカードである Shiftカードを開発。現在、米国内の一部の州や自治領のCoinbaseユーザーは、VISAでの支払い可能なすべての場所でビットコインを使用できる。

Joseph Urgo (Advisor)

Joseph Urgo

Co-Founder District0x

世界の市場を非中央集権化するイーサリアムのDApp(分散型アプリケーション)District0xの共同設立者。これに先立ち、主要なイーサリアムベースのプロジェクトをサポートするコンサルタント会社Sourcerers.ioを設立した。また、Coinbaseのオペレーション・マネージャーとして3年間勤務。その前は、シンガポールに本拠を置く国際的ヘッジファンドThree Arrows Capitalのデリバティブ・トレーダーとして従事。

David Raphael (Advisor)

David Raphael

Infinity Media

コンバージョン率の最適化を専門とするデジタルエージェンシー Infinity MediaのCEO。シカゴ大学で学んだ後、過去6年間は、Artsy、FanDuel、Wagなどの企業向け商品マーケティング・ファンネルの専門性に磨きをかける。

Devon Zuegel (Advisor)

Devon Zuegel

Independent Consultant

スタンフォード大学でコンピューターサイエンスを学び、同大学でスタンフォード・レビューの編集長を務めた。ソフトウェアエンジニアとして、Affirmでの勤務を経る。Affirmは手頃、柔軟、透明性の高いクレジット・オプションを提供する金融サービス会社。彼女が構築したAffirmの個人情報プラットフォームは、ユーザーの身元を保証し、その情報を連日何百万ドルものファンドを行う信用引受システムにリンクしている。現在は、スタートアップ企業に技術や戦略に関してのアドバイスをする独立コンサルタントとして従事。

Spotlight gradient
Slackbox city@2x
Team plant@2x
Team plant@2x

Become a part of the
Bloom
family and
join the discussion today!

Join Us On Slack

Press & Partnerships